40代のメンズファッションさりげなく明るい色

40代男性です。
40代にもなると20~30代の頃に着ていたような派手な柄やキャラクター物の服などは着れなくなってきます。
だからといってシンプルで地味な色のばかりを選んでいるとおじさんっぽく見えてしまうのでさりげなく明るい色を混ぜるように工夫しています。
例えば紺のコートやジャンパーなどを着る時は中に着るシャツやセーターは青や緑色やチェック柄のものを合わせるようにしています。
ズボンはジーパンやチノパンを履いていますが、スリムタイプではなくストレートタイプを選んでいます。
上下共に同じ色にならないようにしたり、清潔感が出るような色を考えてコーディネイトしています。
ただしマフラーや帽子などの小物は少し派手な色の物を選んでいます。
予算はあまりないですが大丈夫でしょうか? | メンズファッションコーディネート