住宅ローンアドバイザーの合格率とは?

住宅ローンアドバイザーの資格を取得するためには、効果測定で一定の水準をクリアする必要があります。
今までおこなわれてきた合格率のデータを見ますと、大体7割から8割程度の方が合格されていますので、特別難しい試験というわけではないようです。
住宅メーカーや不動産会社で働く方が受ける資格には、住宅ローンアドバイザー以外にも宅地見物取引主任者などがありますが、こうした資格の試験の方が合格率は低いので、住宅ローンアドバイザーはきちんと養成講座を受けていれば多くの方が合格できる試験だと言っても良いでしょう。
逆に言うと、これだけ合格率が高い資格試験ですので、仕事の業務上会社から資格取得を求められているという方は一度でしっかりと合格をしないと自分の評価も下がってしまうかも知れません。
総量規制で住宅ローン審査通らない?他のローン!【借り入れできない?】